パソコンスキル教科書

パソコンスキルの教科書

東京大学大学院卒。博士課程に進学を志すも、担当教授と折が合わず、無職になる。医者を目指すも結局断念。田舎で派遣社員として働く。「スキルがなければ、仕事ももらえない」と悟り、ビジネススキルを学ぶ。プログラミング、英語を学び、一部上場企業へ転職。年間100時間以上の業務効率化を行い、社内講師に抜擢。海外の案件を担当し、数億円のプロジェクトに携わる。個人の事業でも、月売上100万を達成。現在は、自分の価値を高めるためのスキル向上支援を行う

【徹底解説】エクセルマクロVBAとは?事例から勉強方法・作り方使い方まで

f:id:gene320:20161231003434j:plain

エクセルマクロとは、エクセル作業の自動化プログラムのことで、エクセルVBA(プログラミング言語)をベースにして動きます。

さて、あなたがエクセルマクロという言葉を聞いたことがあっても、

「それを使うと、どんな良いことがあるの?」
「どうやって仕事に活かすの?」
「なんだかイメージがわかない」
「勉強してみたいけど、何からやればいいの?」

といった疑問をもつのではないでしょうか?

3年前、僕がエクセルマクロという言葉を知った時期に比べて、エクセルマクロに関する情報はたくさん増えました。

確かに書店やインターネットで、多くの情報が手に入ります。しかし一方で、「結局、何なの?」と感じる人も少なくないですよね。

そこで、エクセルマクロを使って、年間100時間以上の業務改善を行ってきた僕が、エクセルマクロについて、簡単で分かりやすく紹介していきたいと思います。

エクセルマクロを効率よく学ぶ方法も含めて、事例も交えながら、お伝えしていきますので、このまま読み進めていってください。

エクセルマクロVBAとは?事例から勉強方法まで徹底解説

エクセルマクロVBAとは?入門者、初心者に簡単に解説

f:id:gene320:20170101020715j:plain

エクセルマクロVBAを一言で言うと、

面倒なルーティン仕事を自動化して、作業をエクセルに代行させることです。

ここでは、入門者や初心者の方にも、カンタンにわかりやすく紹介していきますので、このまま読みすすめていってください。

エクセルマクロVBAを詳しく、わかりやすく紹介

エクセルマクロVBAをわかりやすく言うと、

マイクロソフト社の「エクセル」の機能の一つで、をエクセル、ワード、アウトルック、パワポなどの作業を自動処理させる機能です。

この自動処理システムを使うことで、あなたがエクセルなどに一つ一つ手入力で打ち込む作業をなくすことができるのです。

しかも、一度エクセルマクロの自動化の流れを作っておけば、次に作業するときは、ボタンを押すだけで仕事が終わらせることができます。

実は、多くの人が、手入力で作業をやっている一方で、エクセルマクロを活用して、作業を自動化して、すごい成果を上げている人がいます。

僕自身も年間で100時間以上の作業効率化を行いましたし、一部上場企業に勤務する知り合いで60億の売上に貢献した方もいます。この話は後ほど、詳しく記載しているので、ぜひ読んでみてください。

VBAの読み方と略称、意味

VBAは、「Visual Basic for Applications」の略称で、VBA(ブイビーエー)と読みます。

マイクロソフト社のMicrosoft Office(ワード、エクセル、アウトルック、パワポなど)に搭載されているプログラミング言語のことです。

かつて、マイクロソフト社が開発していたプログラミング言語(Microsoft Visual Basic)を、Microsoft Office(ワード、エクセル、アウトルック、パワポなど)に搭載したものがVBAです。

アクセスVBAとは?

Access(アクセス)とは、マイクロソフト社が開発した「データベース管理用のソフトウェア」です。

アクセスは、中小企業から大企業まで、データベースとして広く使われています。このアクセスには、VBAの機能が搭載されており、エクセルVBAと同様に、マクロやVBAを利用して、操作することができます。

なお、この記事では、主にエクセルマクロVBAについて、紹介していきます。

VBAとマクロ、sql、vb.net、vbsとの違い

エクセルマクロやエクセルVBAという言葉が出てきます。この2つは、ほとんど同じ意味で使われます。

もう少し詳しく言うと、

・マクロとは、複雑なパソコン操作を自動化する機能
・VBAとは、マクロを実行するためのツール(プログミング言語)

また、VBAを学習する中で、以下の言葉も知っておくと役にたつことがあるかもしれません。

・SQL(Structured Query Languageの略)は、データやテーブルを操作するための言語で、条件に合致したデータを表示させる。
・vbs(Microsoft Visual Basic Scripting Edition)とは、プログラミング言語で、Microsoft Windows 上や Internet Information Server(IIS)で使われます。 ・vb.netというものもあります。

エクセルVBAって何ができるの?具体例、実例で動画で紹介

f:id:gene320:20161231003321j:plain

エクセルマクロが、「エクセルによる業務自動化をするツール」と言われても、ピンと来ませんよね?

エクセルで出来ることは、たくさんあります。ここでは、自動化の効果が高く、しかもエクセルマクロを学んで数ヶ月で達成できるレベルの事例を3つ紹介していきます。

VBAでできること1|一つのセルに入った情報を複数のセルに分割


VBAでできること2|複数のグラフを作成して分析


VBAでできること3|300件以上の記録データから複数の伝票を自動作成


エクセルマクロで「できること」について詳しく知りたいなら、こちらの記事を合わせて読んでみて下さい。

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロVBAで仕事を効率化したら「どう」なる?事例で紹介

ここでは、エクセルマクロVBAを習得して、会社の仕事を効率化した方の例を紹介していきます。

年間100時間の業務を効率化した事例

この方は、一部上場企業に勤務していて
・報告書を作成するマクロ:3時間→30分
・グラフを自動で作成するマクロ:10時間→1時間
・アンケートを自動で集計するマクロ:35時間→1時間

といった感じで業務を効率化し、年間で100時間以上の業務を効率化しました。その結果、社内でパソコン講師をすることになったそうです。また年収も100万アップしたそうです。

社内表彰された事例

エクセルマクロのスキルを習得して、社内表彰をされた方のエピソードです。

この方は、一部上場企業で事務方の仕事をしていました。もともとはエクセルを使えなかったのですが、エクセルマクロを習得して、レポート自動作成システムを作成しました。

なんと、そのシステムを利用して営業部が数十億の超大型契約を取ったのです。

このシステム構築の実績が認められて、社内表彰を受けました。

しかも、これだけではありません。このシステムが認められ、次の仕事も受注したのです。

その後、「エクセルで困っていることがあったら、とりあえずその人に依頼する」という状態になっているようです。

他にも、10時間の業務の効率化は当たり前のように達成し、中には1000時間を超える効率化を達成した人もいます。とくに、エクセルなどにデータを手入力したり、報告書をいつも手入力で作成している、そんな企業では、すさまじい効果を上げています。

エクセルマクロVBAをつかって、仕事を効率化するとどうなるか?について、詳しく紹介した記事はコチラです。ぜひあわせてよんでみてください。

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロを習得するメリット/デメリット

さて、ここではエクセルマクロについて、メリットとデメリットをもう少し深く紹介していきます

マクロを使えるメリット

以下のメリットがあります。

[1] 仕事を自動で片付ける
[2] 仕事を正確にこなす
[3] 誰でも無料で使える!
[4] セキュリティ上の安全性が高い
[5] 情報収集を無料できる
[6] 多くの仕事に応用できる

一つずつ解説していきます。

[1] 仕事を自動で片付ける

たとえば、あるエクセルファイルのデータをコピーして、もう一つのファイルに貼り付けする。それを100回~200回と何度も繰り返す。

もし、そんな作業があるなら、エクセルマクロを使って一瞬で終わらすことができます。

[2] 仕事を正確にこなす

エクセルマクロのすごいところは、単純にスピードが速くなるだけではありません。手入力であれば、間違えが起こりがちなことでも、エクセルに代行してもらえば、正確にやってくれます。

[3] 誰でも無料で使える

普段の仕事で、エクセルを使っているなら、無料でエクセルマクロを使うことができます。

エクセルマクロは、エクセルを起動している状態で、Alt + F8 や Alt + F11などのショートカットキーを押すと、エクセルマクロを使える状態になります。

[4] セキュリティ上の安全性が高い

エクセルの機能の一つであるため、使っているエクセルファイルが流出しなければ、他者に情報が漏れることはありません。なので、セキュリティ上、非常に安全です。

[5] 無料で多くの情報を入手できる

Googleで検索すれば、誰でも簡単に、無料で、エクセルマクロの勉強ができる環境が整っています。

たとえば、エクセルからアウトルックを操作して、メールを送る、そんなマクロもインターネットで無料で入手できます。

もし、あなたがエクセルマクロを学びたいなら、情報は好きなだけ手に入れることができます

[6] 多くの仕事に応用できる

驚かれるかもしれませんが、エクセルマクロを使えば、エクセルだけではありません。

実は、ワード、パワーポイント、アウトルック、アクセス、インターネットエクスプローラーといったアプリケーションを操作できます。

ただ、他のアプリケーションを操作するのは、上級スキルのため、それ相応の勉強が必要になります。

マクロ習得のデメリット

勉強をはじめる前に、知っておいて欲しいことがあります。実は、こんなハードルがあります・・・

[1] 手順書を作る必要がある
[2] 何から学べば良いのかわからない
[3] エクセルマクロの活用方法が分からない
[4] 自動化した仕事を人に渡せない

一つずつ解説していきます。

[1] 手順書を作る必要がある

ただ、このようにエクセルに仕事を代行してもらうには、専用の手順書(エクセルVBA)を書いてあげる必要があります。

f:id:gene320:20161231140651j:plain

この手順書は2,3日で勉強して、すぐにできるようなスキルではありません。うまく学ばないと、努力はしたのに、ぜんぜん身についていない・・・なんてこともあります。

[2] 何から学べば良いのかわからない

本やインターネットで、エクセルマクロの情報を自由に入手できるようになっています。

しかし、情報が多すぎて、何から勉強すればいいか見極めるのが、ムズカシイ状態になっています。とくに入門者や初心者は、自分のレベルにあわせて情報を選ぶのは、ムズカシイです。

[3] エクセルマクロの活用方法が分からない

実際の業務で、どのように活用すればいいのか、なかなかイメージがつかないので、途中で勉強をあきらめる、というのはよく聞く話です。

[4] 自動化した仕事を人に渡せない

これは、エクセルマクロが使える人になってからのデメリットなのですが、自動化した仕事を人に渡せないという事態が起こります。

体感的ですが、エクセルマクロは、50-100人に1人くらいが使えるスキルです。ですので、自動化した仕事は引き継ぎがムズカシイので、あなた以外にメンテナンスができないでしょう。

しかも、仕事が「高速」で「正確」なので、仕事が次から次へとどんどん舞い込んできます。

エクセルマクロVBAを勉強するのに必要な期間(時間)や難易度は?

エクセルマクロVBAを勉強を始めたい!とは思っても、どれくらい勉強すれば身につくの?と不安になってしまうことってありますよね。ここでは、その不安とそれに対する回答を紹介します。

VBA習得までに必要な時間ってどれくらい?

どれくらいの期間で習得するかは、勉強方法によって変化します。独学で、学ぶ場合、学習方法にもよりますが、はやい人で数ヶ月でマスターできる方もいます。

逆に、なかなか勉強が進まず、2,3年経っても習得できない場合もあります。

私自身の例でいえば、まったくのエクセル音痴だったのですが、エクセルマクロVBAを勉強して2ヶ月で、会社の仕事を3時間弱削減させました。その後、学びながら、会社の仕事を効率化して、年間100時間以上の仕事の効率化に成功しました。

もしあなたが、正しい勉強方法さえ身に付けることができれば、このように数ヶ月で、仕事で成果を出せるレベルになれるでしょう。

勉強方法については、後述していますので、このまま読みすすめてください。

VBA習得の難易度って高いのでは?

人それぞれです。ラクという人もいれば、大変と感じる人もいます。

その差は、あなたがエクセルやパソコンのスキルをもっているか次第です。

もう少し詳しく言うと、ITの力、仕事の全体を使む力、言語化の力、学習力、によって決まってきます。これらの力が高い人は、ラクに習得できます。逆に、これらの力がイマイチな場合は、大変に感じるかもしれません。

VBA習得の難易度や学習期間については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロ習得に資格やセミナーは要る?

エクセルマクロは、さまざまな本やインターネットで紹介されていて、すぐに情報を入手できます。

しかし、逆に情報が多すぎて、何から学んでいけばいいのか分からない状態になっています。

そんな状況もあってか、「まずは資格をとろう」ということで、エクセルマクロの資格を受験する人もいます。エクセルマクロの資格はVBAエキスパートと呼ばれており、有名パソコンスクールで学んで、VBAの資格を取っている人は多いです。

しかし、試験勉強は実務に直接役立つことはないでしょう。

ですので、もしエクセルマクロを使って実務を改善したいという場合には、早まって資格取得に走らないことを強くオススメします

ただし、VBAエキスパートという資格は就職や転職市場では、認知されています。就職や転職を考えている場合は、役立つ可能性はあるかもしれません

もし、エクセルVBAの資格について、知りたいならば、こちらの記事を合わせて読んでみてください

www.fastclassinfo.com

実務に直結するエクセルマクロのセミナーはたくさんあります。また、エクセルマクロの本を10冊程度読むだけでも、資格を取る何倍もの知識を得られます。

実務で使えるスキルを習得するなら、経済的、時間的にリスクが少ない方法から試すのをオススメします。

もし、エクセルマクロやVBAの勉強をはじめてみようと考えているのなら、こちらもあわせて読んでみてください

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロVBAの勉強で、初心者がやりがちな5つの失敗

エクセルマクロの勉強をするときに陥りやすい失敗をまとめましたので、これからVBAを勉強しようと考えている方は、ぜひ読んでみてください。

失敗1|いきなり本や、有料の講座・スクールに通ってしまう

「思い立ったが吉日!」という気持ちで、いきなり本を購入したり、有料の講座に参加してしまいがちです。背水の陣で挑む心意気はスバラシイです。しかし、エクセルマクロは、2,3日頑張れば、マスターできるスキルではありません。

まずは、無料を含めた低リスクのものからはじめて、レベルがあがってきたら、有料のものを試すのが、賢明な勉強のしかたです。

失敗2|仕事で使わないことまで勉強してしまう

「80%はムダな作業で、20%が成果につながる」と言われます。

これは、何かを学ぶときも同じです。たとえば、VBA本の内容の80%は、覚えたとしても、仕事で実際に使うことはほとんどありません。残りの20%こそ仕事でガンガン使う部分で、ここを集中的に学ぶ必要があります。

しかし、初心者の場合、本やセミナーで、たくさんの情報を手に入れたとしても、重要な部分がなかなか分からないことが多いです。ですので、いつまでもムダな80%の部分を勉強してしまいがちです。

失敗3|VBAを使いやすい設定にしない

仕事ができる人は、机をキレイにしたり、方眼紙ノートを使ったりと、仕事をしやすい設定に変えておくものです。

しかし、初学者のうちは、何が使いやすい設定なのか理解するのがムズカシイです。ですので、ムダな設定や、スムーズな理解を妨げるような設定をしがちです。

失敗4|インプットが増えて、実践が少ない

エクセルVBAは、仕事と同じで、実践経験を積んで覚えていくものです。

たとえば、新入社員が、作業マニュアルばかり読んで、仕事にほとんど手をつけなかったら、どうなるでしょうか?ほとんど仕事を覚えることってできないですよね?

これと同じで、エクセルVBAの本を読んで、インプットばかりしても、習得することはできません。残念ながら、分かっていても、初心者はやってしまいがちです。

失敗5|何から始めていいのか分からないまま、とにかく始める

「勉強をしよう」と張り切って始めたはいいけれど、3日でやる気がなくなってしまった…エクセルVBAの学習者にも、この傾向はよく見られます。

とくに、エクセルVBAを学ぶ方の多くは、プログラミング未経験者が多いです。にも関わらず、いきなりハイレベルな内容に手をつけたがります。未経験のものを学ぶ場合は、段階を追って学ばないと、挫折するハメになってしまいがちです。

「勉強をしよう」という思いは、とてもスバラシイので、自分のレベルにあった学習を必要な量だけやる。これを意識しないと、すぐにやる気が尽きてしまいます。

このあとに、オススメの勉強方法を紹介していますので、ぜひこのまま読みすすめていってください。

エクセルマクロVBAの学習方法|無料から独学まで

f:id:gene320:20161231003237j:plain

エクセルマクロの勉強法と言っても、ほんとうにたくさんあります。選択肢が多いのはうれしいけど、逆にどんなふうに勉強すればいいのか分からない…と感じているあなたへ。

ここでは、エクセルマクロの勉強法について解説しています。

勉強法1|本、書籍、参考書で学ぶ

書店では、エクセルマクロに関する書籍が数多く、出版されています。

現時点では、ネット情報より、書籍化されているものの情報が量も多く、質も高いです。大型書店に行けば、色々な本に会えます。

しかし、初心者だと、どの本が最適か分からず、どの本が自分に合っているのか分かりづらいというのが難点です。また、書籍には「そのまま使えるコード」が載せられていることがありますが、意外とそのままでは使えることは少なく、修正が必要です。

書籍は、初心者が最初に選択する方法のように見えますが、実は中級者や上級者にオススメの方法と言えるでしょう。

VBAの本、書籍、参考書のおすすめを知りたいなら、こちらの記事でまとめていますので、あわせて読んでみてください。

www.fastclassinfo.com

勉強法2|スクールで学ぶ

スクールとは、一定期間(2,3ヶ月~1年)をかけて学ぶタイプです。

講師は、実績のある方が多く、長い間、じっくり学ぶことができるのが魅力です。分からない点があれば、質問もできますし、補講を行ってくれるところも多いです。

ただし、費用がかかりますので、経済的な部分も考慮に入れる必要があります。また、開催場所が都心の場合が多いので、移動に時間がかかることもあります。

勉強法3|セミナー

セミナーとは、1DAY~数日間の単発のタイプです。

講師と直接会って、不明点を質問したり、ワークを通じて、理解を一気に深めることができます。費用はある程度かかりますが、スクール形式よりはお手軽な価格です。

ただし、何を質問したらいいのか分からなかったり、レベルがあまりにも高すぎるものを受講すると、ただ受講するだけになってしまいます。また、都会で開催されることが多く、直接会場へ行く必要が多いため、移動費などはかかります。

ある程度、勉強してからセミナーを受講すると、深い学びを得られます。

勉強法4|ウェブの無料情報

現在、ウェブの情報は、爆発的に増えており、かなり使える情報が転がっています。

初心者のコードから上級者のコードまで、無料でコピペできます。かなり質が高いものがあふれています。

しかし、教科書と同じで、どれが初心者用で上級者用なのかが、一目で分からないので、ある程度のレベルになれば、ウェブ情報を活用しましょう。また、ピンポイントで分からないことがあれば、ネットで検索するのが、ベストです。

例えば、エクセルファイルをセーブするコードは、検索すれば、一瞬で見つけることができます。

ウェブは、何が分からないのかを理解している人にとっては最強の情報源と言えます。

勉強法5|オンライン動画

Youtubeなどの動画を通じて、学ぶ形式です。

ネット環境があれば、動画を通じて、勉強できます。最近はスマホ対応していることも多く、動画も豊富に準備されているサイトも増えました。

有料のものから無料のものまで準備されており、受講者のレベルに合わせて学ぶことができるのが魅力です。動画なので、視覚的に理解できるのは非常にメリットが大きいのが特徴です。

実は、初心者は、無料のオンライン動画で学び始めるのが、もっともお手軽でかつ、効果の高い方法と言えるでしょう。

ただしネット環境がない場合は、この方法は選択できないでしょう。

勉強方法はこちらの記事に詳しくまとめてありますので、ぜひあわせて読んでみてください。

www.fastclassinfo.com

勉強したいなら、オンライン学習が本、スクール・講座よりおすすめ

私がこれまでエクセルマクロを学んできた経験から、もっともおすすめの勉強方法は、無料のオンライン動画での学習です。その理由は、以下の3つです。

理由1|無料で今スグに始めることができる

スクールやセミナーでの学習は、たしかに効果が高いかもしれません。しかし、なんといっても、参加費用は安くても数万はします。

ですので、これから勉強しよう!というあなたには、リスクの少ない無料から始めるのがオススメです。無料といっても、本より圧倒的に効果が高い無料オンライン動画もあります。

本を購入したり、講座に参加する前に、無料の情報を試すのをおすすめします。

理由2|動画はイメージがわきやすい(絵や画像だとわからないときがある)

本も非常にいい勉強方法ですが、画像や絵で学習すると、どうしてもイメージがわかないことってありますよね?その点、動画はイメージがつかみやすいので、初心者のうちは、実際に動きを目でみながら勉強するのがオススメです。

理由3|動画を見ながら、マクロを組むことができる

動画での学習のいいところは、動画をみながら、エクセルを触ることができることです。大切なところは、停止ボタンを押して、繰り返し何度もみれます。さらに、自分でエクセルを操作できると、身につくスピードは、圧倒的に早まります。

もし、無料オンライン動画で勉強を始めたいなら、こちらのサイトをおすすめします。

無料オンライン動画の詳しい情報をみるなら
コチラ

エクセルマクロVBAの使い方・組み方・作り方

エクセルマクロVBAの使い方は、初心者や入門者でもカンタンにできますので、紹介します。

すぐにエクセルマクロVBAを組みたいなら

もし、あなたが、すぐにエクセルマクロVBAをつかってみたいと思うなら、こちらの記事がおすすめです。今すぐ、エクセルマクロVBAの効果を実感できますので、ぜひ読みながら、あなたのPCのエクセルをつかって実践してみてください。

www.fastclassinfo.com

「仕事を効率化する」、そんなマクロを作りたいなら

仕事で使えるレベルでマクロを使いたい!作ってみたい!もし、そのように考えているなら、本格的に学ぶことをおすすめします。

ただ、本格的な勉強方法を紹介しようとすると、非常に長くなってしまいます。さらに、文章で説明しようとするとわかりづらくなってしまいます。ですので、こちらのサイトの無料オンライン動画をおすすめします。

無料オンライン動画のおすすめはコチラ

現在、キャンペーン中で、無料でオンライン動画を視聴できますので、ぜひアクセスしてみてください。

勉強しようかと悩むなら、まず実践してみることをおすすめします

僕自身、エクセルマクロを学ぶ前は、同僚や上司に頼ることが本当に多く、迷惑をかけてばかりでした。

しかし、エクセルマクロを習得して、部署の同僚/先輩に恩返しできるようになりました。本当に嬉しかったのです。

エクセルマクロを使えば、自動で正確に仕事を片付けることができます。このスキルを習得できれば、事務系の仕事で、あなたの手に負えないものはほとんどなくなるでしょう。

ただし、エクセルマクロを習得するには、継続した勉強の期間がどうしても必要になります。すごいスキルほど、カンタンには身につかないものです。

しかし、もしあなたがエクセルの業務を抱えているなら、ぜひ習得するのをオススメします。デメリットを差し引いても学ぶ価値があるスキルです。

ぜひエクセルマクロを学んで、仕事を一瞬で片付けるスキルを習得しましょう!

もし、もっとエクセルマクロについて知りたいなら、こちらもあわせて読んでみてください。

www.fastclassinfo.com