パソコンスキルの教科書

パソコンスキルの教科書

東京大学大学院卒。博士課程に進学を志すも、担当教授と折が合わず、無職になる。医者を目指すも結局断念。田舎で派遣社員として働く。「スキルがなければ、仕事ももらえない」と悟り、ビジネススキルを学ぶ。プログラミング、英語を学び、一部上場企業へ転職。年間100時間以上の業務効率化を行い、社内講師に抜擢。海外の案件を担当し、数億円のプロジェクトに携わる。個人の事業でも、月売上100万を達成。現在は、自分の価値を高めるためのスキル向上支援を行う

エクセルVBA本のおすすめ19選|入門者や初心者にもわかりやすい選び方・読み方・勉強の方法

f:id:gene320:20170102172806j:plain

「エクセルVBAに興味があるから、ちょっと本でも読んでみよう」と思ったのはいいけれど、どれを選んだらいいんだろうと迷っていませんか?

私もエクセルマクロの勉強を始めたときは、たくさん本から、どれを選べばいいのだろうと迷ったのを覚えています。そんな中で、様々な本を読みながら、VBAを活用して会社の仕事を自動化してきました。その成果をかわれて、企業でパソコン講師をしたこともあります。

この記事では、そんな私の失敗と成功の経験をもとに、今のあなたに合わせたエクセルマクロの本の選び方、オススメ本から活用法までお伝えします。

パソコン講師がエクセルマクロ本の読み方や本の選び方を伝授

あなたはなぜエクセルマクロの本を読みたいの?

あなたがエクセルマクロを学びたい!そう感じた理由はいったいどんなものでしょうか?

おそらく、こんな感じではありませんか?

・会社の仕事を効率化したいから
・スキルを身につけて転職したいから
・VBAについて知りたいから
・VBAの全体感を知りたいから
・VBAで何ができるか知りたいから
・もう一度勉強してみようと思ったから
・VBAの勉強をはじめるとっかかりにしたいから

参考までに、かつて私がVBAを教えた方は、こんな理由で学ぶ方がいました。

・引き継いだ仕事にマクロが入っていたから
・高度なレベルのことをやりたいから
・作成中のマクロでどうしても分からない部分があったから

学ぶ理由がどうであれ、あなたが学びたいと思う気持ちがあれば、エクセルVBAは確実に身に付けることがスキルです。ぜひその気持ちを大切にしてください。

本を読んでどんな結果を得たいの?

さて、あなたはエクセルマクロを学んで、どんなことをしたいのでしょうか?それがわかると、あなたに最適な本が見えてきます。

本を読みたい理由をみつけよう

エクセルマクロの本は、入門~上級まで数多くの本があります。実際に作業を効率化した事例、メールの自動送信、ウェブから情報を取得する方法など、そんなことできるの?と思えるものまで掲載されています。

ですので、あなたが本を読んでどんなことを達成したいのか?そのイメージがあればあるほど、本からたくさんのヒントを得られます。

本を使ったVBAの勉強方法

「なんとなくエクセルVBAに興味がある!でも初心者だから、まずは本から!」そういうことであれば、とにかく興味のある本を読むといいでしょう。たとえば、私はインターネットの情報を自動取得する方法が知りたくて、その本を買って試して見ました。

実践することで、うまくいったり、新しい疑問が見つかって、さらに勉強する意欲が沸いてきました。

もし、あなたがもっと上手く使いこなしたいと思っているのなら、実践をすることをオススメします。本を読んで終わりにしてしまうのは、もったいない!

どうせなら、仕事で実践して、実際に効率化させ、自分の中に落としこんでいきましょう。

そうすることで、使えるエクセルVBAをどんどん磨いていくことができます。

マクロの本ってどう選ぶべき?選ぶポイントを伝授

「どの本を読もうかな」と書店に行ってみたり、Amazonにアクセスしてみると、こんなにたくさん…どれを選べばいいんだろう?と思ってしまいますよね。

そんなときには、あなたの興味にあったものからはじめるのをオススメします。そこで、この章では、どんな基準で本を選ぶとよいのかをお伝えしますね。具体的なオススメの書籍は次章で紹介します。

「VBAやマクロをはじめて知った」あなたへ

VBAやマクロ、という言葉を知ったばかりで、まだイマイチよくわかっていないのであれば、ムズカシイ理論や教科書より、VBAのイメージがわくような本を選ぶと良いでしょう。

ですので、どれだけ業務を効率化できるのか?どんなふうに活用するのか?といったことをストーリーや事例で学ぶのをオススメします。

「試しに勉強してみたい」あなたへ

まずは勉強してみたいと思うなら、カンタンなレベルの書籍を選びましょう。具体的には、エクセルVBAの「設定~はじめてのプログラムの書き方」までを紹介している本を選ぶことをオススメします。

「VBAで早く成果を出したい」あなたへ

エクセルマクロ、VBAは実際にビジネスの現場で使われています。たとえば、営業先のお客様に提出する資料を自動で作成したり、社内プレゼン用のグラフを自動で作成したり、とVBAが活用されている場面は数え切れません。

とはいえ、あなたが効率化したい業務 と 本に書かれている内容は必ずしも一致しません。ですので、まずはあなたの効率化したい業務を明確にしましょう。その上で、必要な知識が記載している本を選ぶのがオススメです。

効率化したい業務のイメージがつかない場合は、まず現場で使われているサンプルコード付きの書籍をオススメします。これを読めば、実務での成果をあげるイメージがわくこと間違いなしです。

もし「VBAで早く成果を出したい」けど、何からはじめたいいのかわからない・・・というあなたはこちらをあわせて読んでみてください。

www.fastclassinfo.com

「VBAの資格をとりたい」あなたへ

VBAの資格はVBAエキスパートというものがあります。この資格があれば、あなたがVBAを使える人であることを証明できます。運営会社であるオデッセイ社の公認の書籍があるので、それをオススメします。

「分からないことを調べる辞書を探す」あなたへ

分からないことを調べる用で、辞書本を購入しようかと考えているあなたへ。これはあまりおすすめしません。というのも、今はウェブ上で詳しく説明してくれるサイトがあります。

ですので、分からない部分をGoogleで検索することをオススメします。ウェブがつながらないなら話は別ですが…、あまり本を購入するのはオススメしません。

「上級者レベルにチャレンジしたい」あなたへ

すでにエクセルVBAをある程度書けるけど、配列、functionプロシージャ、外部連携OLEオートメーション(インターネットの操作、アウトルックの操作)といった部分は分からない。

そんな高いレベルを目指すあなたには、OLEオートメーションなどのVBA上級編の本を読むのがオススメです。さらにレベルアップして、他の人が想像できないような自動化や短いのに汎用性の高いコードをかけるように目指しましょう。

「Excel2010,2013の違いが気になる」あなたへ

Excel2010や2013で異なる部分があります。大きな違いはありませんが、書籍で紹介されている内容と、あなたのエクセルのバージョンが異なる場合、混乱してしまう可能性があります。もし、不安がある場合は、書籍を購入する前に、あなたのエクセルのバージョンと書籍で紹介されているエクセルのバージョンをチェックするようにしましょう!

マクロの本19選!資格からamazonランキングまでわかりやすい紹介

どのようなエクセルマクロを選べばいいかわからない場合は、最初に全体概要がつかめる本を選ぶのもいいでしょう。この本がオススメです。

入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方 (ブルーバックス)

入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方 (ブルーバックス)

Amazonの売れ筋ランキングでトップの本です(2017/1/29現在)。Amazonのレビューを見ても高評価です。私も読みましたが、わかりやすくまとまっていて非常に読みやすいです。

Amazonの内容を一部抜粋

典型的なVBAのプログラムを書きながら、基本的な文法を少しずつ学んでいくものです。「数行書いて動作確認」を繰り返して進むので、手順通りにやれば、未経験者でも挫折せずに、必ずVBAのプログラムを書けるようになります。

「VBAやマクロをはじめて知った」なら、わかりやすい本で学習しよう

Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人

Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人

イケてない社員が、VBAを使って、会社のエースになるドラマ仕立ての本。もしドラを読んだあなたなら、ぜひこれを読みましょう。そして、次はあなたが会社のエースになる番です。

自分のペースでゆったり学ぶ Excel VBA

自分のペースでゆったり学ぶ Excel VBA

イラストとわかりやすい解説が魅力!初心者でもドンドン知識が入ってきます。Excel VBAがよくわかっていないなら、この本で一気にイメージをつかみましょう。

世界でいちばん簡単なExcelVBAのe本[最新第2版]ExcelVBAの基本と考え方がわかる本

世界でいちばん簡単なExcelVBAのe本[最新第2版]ExcelVBAの基本と考え方がわかる本

Amazonのレビューでもわかりやすいと記載されている通り、非常にわかりやすくサンプルも載っています。VBA初心者には、オススメです。少しレベルが高い人は、他の本がいいでしょう。

エクセルマクロVBAを知ったばかりのあなには、こちらの記事もオススメです。エクセルマクロについて、詳しく解説していますので、ぜひ合わせて読んでみて下さい!

www.fastclassinfo.com

「試しに勉強してみたい」ならプログラミングの基礎から始めてみる

てっとり早く確実にマスターできる Excel VBAの教科書

てっとり早く確実にマスターできる Excel VBAの教科書

「実践的」。これが本の方向性です。とにかくVBAを勉強してみたいと思うなら、ぜひ手に取っていただきたい。エクセルを操作をしながら、この本を読んでください。VBAのハマること間違いなしです。

図解があって、とてもわかりやすい本です。もし知識がない初心者でも、ルーチンを片付けることができるようになります。ちょっとしたところでもいいから、手をつけてみたいという方にはオススメです。Kindle版は持ち運びもラク。

「VBAで早く成果を出したい」なら、サンプルコード付の本で即実践

残業しらずのExcel術 関数&VBAでビジネスを加速(日経BPムック)

残業しらずのExcel術 関数&VBAでビジネスを加速(日経BPムック)

この本は、営業報告書、受注管理表、納品表、交通費精算書などのサンプルコードが付属されていて、これがスゴイ!これをみれば、どのようにVBAをビジネスの現場に落とし込めるかをすぐにイメージできます。超オススメです。

たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書

たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書

もし、あなたがVBAを触ったことがなくても、安心。1ページ目から読むことで、順に、レベルアップして、どんどんVBAで成果を出せる本です。設定から始まり、実際のやり方も細かく教えてくれます。

この本のすごいところは、紹介されている事例がビジネス現場に直結していること。VBAがビジネスでどのように使われているかを、いくつも紹介しています。もしあなたがVBAの活用法がイメージできなくても、この本があれば、VBAをすぐに業務に落とし込めます。

もし、あなたができるだけ早くVBAで成果を出したいなら、こちらの記事がオススメです。

www.fastclassinfo.com

「分からないことを調べる」なら、「逆引き」「リファレンス本」で文法やVBAの関数を学ぶ

紹介はしますが、ここで記載されている内容は、ほとんどウェブで調べることができます。ですので、ウェブを使えない方や、どうしても本がいい!という場合を除いて、オススメはしません。

今すぐ使えるかんたん Excelマクロ&VBA[Excel 2016/2013/2010/2007対応版]

今すぐ使えるかんたん Excelマクロ&VBA[Excel 2016/2013/2010/2007対応版]

VBAでできることを一つずつ細かく説明してくれています。

できるExcel マクロ&VBA 作業の効率化&スピードアップに役立つ本 2016/2013/2010/2007対応 できるシリーズ

できるExcel マクロ&VBA 作業の効率化&スピードアップに役立つ本 2016/2013/2010/2007対応 できるシリーズ

コードの解説からVBA用語集まで細かい解説が見れます。

現場ですぐに使える!  ExcelVBA逆引き大全600の極意 2016/2013/2010/2007対応

現場ですぐに使える! ExcelVBA逆引き大全600の極意 2016/2013/2010/2007対応

画像などのレイアウトで細かい紹介が見れます。

「VBAの資格(VBAエキスパート)をとりたい」ならあなたへ

VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック [模擬問題プログラム付き]

VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック [模擬問題プログラム付き]

VBAエキスパートという資格の「ベーシック」レベルの公式本です。模擬試験付きです。基礎をしっかり身に付けることができるので、資格試験を受けなくても、とても参考になる本です。

VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA スタンダード

VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA スタンダード

VBAエキスパートという資格の「スタンダード」レベルの公式本です。こちらも模擬試験付き。応用編のレベルの内容です。VBAを網羅的に学べる本ですので、こちらもベーシック同様、もし資格試験を受けなくても、かなり参考になります。

もし、あなたがVBAの資格について、詳しく知りたいのであれば、こちらの記事もあわせて読んでください。きっと役立つはずです。

www.fastclassinfo.com

ユーザーフォームや配列レベルにチャレンジしたいなら

ユーザーフォームを学ぶなら

アプリ作成で学ぶExcelVBAプログラミングユーザーフォーム&コントロール

アプリ作成で学ぶExcelVBAプログラミングユーザーフォーム&コントロール

エクセルVBAを使う上で、「データ入力」や「データの見せ方」をサポートするツールとしてユーザーフォームがあります。これを学ぶと、あなたが作ったマクロのシステムが、さらに使いやすくなります。この本は、300ページ以上あり、情報がとても豊富です。マクロでシステムを作るには、もってこいの一冊です。

配列を学ぶなら

この本は、配列をメインで解説している書籍です。正直「配列」を知らなくても、チカラ技でコードを書くことは可能です。しかし、配列を利用することで、数十行で書いていたコードが数行で書けます。メンテナンスは格段にカンタンになります。もし、配列の考え方を理解し、自由自在に使いこなせるようになりたいなら、読んでみるといいでしょう。

「中級~上級・応用レベルにチャレンジしたい」あなたにオススメ

オフィスの達人〈5〉VBA活用術―Excel/Word/Access/PowerPoint/Outlook Office 2003対応 (オフィスの達人 (5))

オフィスの達人〈5〉VBA活用術―Excel/Word/Access/PowerPoint/Outlook Office 2003対応 (オフィスの達人 (5))

各オフィスのアプリケーション(wordやoutlook)などを自動で操作する方法を解説しています。少し古いですが、非常に使える本です。上級レベルの方でも満足できる本です。

今日から使える Excel VBA 2013/2010/2007/2003対応

今日から使える Excel VBA 2013/2010/2007/2003対応

VBAの実例サンプル付きです。他アプリの操作方法にとどまりません。VBAはそこまでできるのか…と思い知らされます。すごい、そしてVBAの奥深さを堪能してください。

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

HTMLのclassやInternet explorer(IE)の基本を学べる稀有な書籍。インターネットから情報を取り出す方法が細かく記載されています。前半は、知識がメインですが、後半は実例が載っていて、一つ一つ細かく解説してくれる筆者の愛を感じる本です。

マクロ・VBAの本のAmazon売れ筋の人気ランキング

毎月のように、いろいろなVBAの本が出版されています。どの本を読めばいいのか迷ってしまったら、よく売れている本を選択するのも1つの策です。

ここでは、プログラミングのカテゴリーの中で売れ筋100位以内にランクインしていたマクロとVBAの書籍を紹介します。(2017/1/29現在)

Kindle版しかありませんが、ドリル形式で、他とは異なるのが特徴です。VBAには繰り返し勉強をする時期が必要ですので、そのステージにいる方は、オススメです。

Excel初級者が中級にレベルアップするときにオススメの本です。実用性の高い事例を見ながら、勉強できる本です。基礎を忘れていたとしても、解説があるので、安心して読める一冊です。

ワードやアクセスのVBA学習本

VBAは、エクセルだけのものではありません。word,access,outlookでもvbaを使うことができます。ここでは、そんなword,access,outlookのvbaについて紹介していきます。

WordのVBAを学習したいなら

作って簡単・超便利! Wordのマクロ実践サンプル集 [Word2010/2007/2003/2002対応] (Wordで作ったWordの本)

作って簡単・超便利! Wordのマクロ実践サンプル集 [Word2010/2007/2003/2002対応] (Wordで作ったWordの本)

とにかくword vbaで仕事をラクにしたいと思うなら、この本がオススメです。ワードを操作をしながら、この本を読んでください。VBAのハマること間違いなしです。

学びが早いのは、実践が一番です。エラーが出てしまうこともありますが、エラーなしでVBAを学びのは無理です。まずは、実践して、分からないことをウェブや本で調べる、という流れで学習することを強くオススメします。

outlook VBA/powerpoint(パワーポイント) VBAの良書はありません

outlook VBAやpowerpoint(パワーポイント) VBAの良書はありません。私自身、エクセルからoutlookやpowerpointを操作することはやりますが、outlook VBAやpowerpoint VBAを使ったことはありません。これらを業務で使うなら、エクセルVBAでoutlookやpowerpointを外部連携して利用します。

accessのvbaを学習したいなら

アクセスのVBA学習なら、以下の3つがオススメです。

Accessマクロ&VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

Accessマクロ&VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

初心者にも優しい本です。アマゾンの評価も高いので、おススメです。amazonのレビューには、以下のようなコメントもあります。

とても分かりやすく説明されて参考になりました。ACCESS初心者でも使えると思います。

最速攻略 Access VBA サンプル大全集 Access 2013/2010/2007対応版

最速攻略 Access VBA サンプル大全集 Access 2013/2010/2007対応版

すぐに実践したい方にオススメです。実践型のサンプルが紹介されており、仕事でAccessVBAを利用している方にとっては、役に立ちます。DAOやADOの解説もしっかりされています。

これ一冊で完璧! AccessVBA即戦力講座

これ一冊で完璧! AccessVBA即戦力講座

この本はデータベースの取り扱いやsqlを学びたい方にオススメです。

注意したいのは、書籍で学ぶ場合「アクセス未経験者」より「アクセス経験者」、「VBA未経験者」より「VBA経験者」の方が理解がスムーズです。もし本で理解できない場合は、しぶとく学習する、もしくは、エクセルVBAから学ぶのをおすすめします。エクセルVBAの方が教材が多いので、あなたにあった本が見つかりやすいからです。

本より「おトク」に独学でVBAを学習する方法2選

実は、本で学ぶより経済的にも、時間的にはオススメの方法があります。それは「オンラインの動画教材」です。ウェブの環境があれば、誰でもカンタンに基礎を学べる教材を紹介しますね。

お試し版無料動画講座|エクセルマクロ 達人養成塾

初心者には最適のサイトです。丁寧な解説付きがうれしい。わかりやすいので、何度も視聴することをオススメします。これを見るほうが本を読むよりおトクですし、ひととおり見終わったら、すぐにエクセルVBAを使うことができるレベルになれます。

この動画を見て、エクセルVBA勉強の足掛かりにして、本などで知識を補っていくと、仕事で使えるエクセルVBAを短期間で習得できるでしょう。

ドットインストール

プログラミング全般を紹介しているサイトです。非常に情報が多いのが魅力。とっつきやすく、説明もわかりやすいです。しかし、VBAのセクションは基礎部分だけの紹介であること、またVBAの使いやすい設定方法などは説明がないのが難点です。ただし、これを見るだけで理解が一気に深まります。ほんとうに無料?というクオリティに驚くでしょう。

ただし、やはり本のほうが、情報量が多い場合もあります。ですので、オンライン動画やウェブの情報を活用しつつ、本で知識をカバーしていくというやり方がもっともコストパフォーマンスがよいやり方です。

「独学で勉強したい」なら、こちらの記事を参考にしてみてください

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロは試してナンボ

さて、エクセルマクロを学ぶときにありがちなのが、せっかく勉強したのに、実践しないままになってしまうことです。これは、ほんとうにもったいない

マクロの本から得た知識の活用方法

エクセルVBAの本の情報は、あくまで知識でしかありません。また、あなたの要望を100%満たしてくれる本を見つけるのは、ムズカシイでしょう。例えば、本の情報がアップデートされておらず、試してみるとうまくいかないこともあります。あなたのふだんの仕事にそのまま転用できるものも、まずありません。どうしても使う側が応用する必要があります。

ただ、本から得た知識を使って、「こうすればうまくいくかもしれない」「これを試してみよう」と予測して行動することで、成果につながります。もし失敗しても、他のやり方にチャレンジしてみる。そのように試行錯誤することで、あなたはいい方向へ進むことができます。

知識を実践するからできる

新渡戸稲造の、こんな言葉があります。

武士道は知識を重んじるものではない。重んずるものは行動である。

これは、行動しないと、知識があるとは言えない。行動してはじめて、その人に知識があることになる。

という意味です。これはVBAも同じです。いくら本を読んで知識をインプットしても、実際に行動しなければ、知識として理解できているかも分かりませんよね。

どれだけ本で学んでも、実際にあなたの仕事で実践しようとすると、すぐにはうまくいかないかもしれません。あなたの置かれている環境、仕事の種類、あなたの知識レベルにも影響を受けるからです。しかし、まずはチャレンジしてみないと、ハードルの高さすら見えないものです。

私もVBAを使って、仕事を効率化してきましたが、うまくいかなかった経験はたくさんあります。その度に調べて知識を深めてきました。勉強をはじめたころは、ぜんぜんできなくて、挫折したこともあります。しかし、チャレンジしたからこそ、分からない部分がわかったのです。そして、次は、その部分を勉強して乗り越える、その連続でした。実際にチャレンジした経験に勝るものはありません。

本の内容を早速、実践しよう

私の友人でこんな経験をした方がいました。

たまたまVBAの小説本を読んで、VBAにチャレンジしてみたら、2時間分の業務を効率化した。もちろん最初はうまくいかなかったけれど、調べてやっていたら、うまくいった。それがうれしくて、もっと高いレベルにチャレンジすることを決めたそうです。

マンガや小説仕立ての本がたくさんあります。最初は、そういうもので構いません。本を読んでいると、臨場感がわいてきて、チャレンジしてみようと思うかもしれません。いざやってみると、案外できてしまうことも多いものです。

ここで紹介した本は、ほんの一部です。ぜひ書店に行って、興味がわく本を選んでみてください。ウェブがつながっているなら、Amazonでもかまいません。

そして、知識で終わらせることなく、チャレンジして、あなたの人生をさらによくするきっかけになれば幸いです。

「本」以外の学習方法をお探しのあなたには、こちらの記事がオススメ

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロVBAの習得ってどれくらい期間が必要?と考えているあなたには、こちらの記事がオススメ

www.fastclassinfo.com

「エクセルマクロVBAの学習で挫折した…、でも今度こそは!」と考えているあなたには、こちらの記事をオススメ

www.fastclassinfo.com