パソコンスキルの教科書

パソコンスキルの教科書

東京大学大学院卒。博士課程に進学を志すも、担当教授と折が合わず、無職になる。医者を目指すも結局断念。田舎で派遣社員として働く。「スキルがなければ、仕事ももらえない」と悟り、ビジネススキルを学ぶ。プログラミング、英語を学び、一部上場企業へ転職。年間100時間以上の業務効率化を行い、社内講師に抜擢。海外の案件を担当し、数億円のプロジェクトに携わる。個人の事業でも、月売上100万を達成。現在は、自分の価値を高めるためのスキル向上支援を行う

エクセルマクロVBAで複数PDFファイルに順番に自動でパスワードをかける方法

f:id:gene320:20180507065644j:plain

セキュリティや機密情報の関係で、PDFファイルにパスワードを入れ込む作業が必要になることがあります。

しかし、パスワードを入れる作業が面倒だったりパスワードを忘れてしまったりするデメリットがあります。

そこで、エクセルマクロVBAを活用して複数PDFファイルに自動でパスワードを入れるプログラムを作成しました。

この記事では、複数PDFファイルに自動でパスワード設定するマクロについて紹介していきます。

エクセルマクロVBAで複数PDFファイルに順番に自動でパスワードをかける方法

マクロVBAを使って複数PDFにパスワードを自動設定する

この記事で紹介する「複数PDFにパスワードを自動設定するマクロ」は概要は以下の動画で解説しています。


エクセルマクロVBAで複数PDFファイルに順番に自動でパスワードをかける方法

複数PDFにパスワードを自動設定するメリット

複数PDFにパスワードを自動設定するマクロのメリットは以下の3つです。

メリット1|大量のPDFファイルに対して一気にパスワードを設定できる
メリット2|パスワードを忘れてもエクセルに記録が残っている
メリット3|Outlookのメール機能と連動させれば、パスワードをかけたPDFを自動でメール送信できる

上記のとおり、大量の資料にパスワードロックをかける場合に、ミスを減らしたり時間短縮できたりします。

VBAのプログラムを作る前にAcrobat、FSO操作の参照設定を行う

エクセルVBAでPDFを操作するためのプログラミングに入る前に、準備することがあります。

それは、VBEの参照設定を変更することです。参照設定とは、機能拡張のことです。

このプログラムを使うのには、参照設定で以下の2つをライブラリに追加する必要があります。

設定方法

1.VBEを開いて頂いて、「ツール」→「参照設定」
2.この二つのライブラリにチェックを入れて、OKをクリック
・Acrobat
・Microsoft Scripting Runtime

この設定を変更しないとマクロが動きません。忘れずに設定するようにしてください。

ただ、このプログラムではAcrobatが不要な場合があります。

参照の設定手順|VBEの参照設定でAcrobatとMicrosoft Scripting Runtimeを追加

VBAでPDFを操作できるようにするために、AcrobatとMicrosoft Scripting Runtimeにチェックを入れます。

具体的な設定方法は以下の通りです。

1.VBEを開いて、「ツール」→「参照設定」

f:id:gene320:20170613213650p:plain

2.以下の2項目にチェックを入れて、OKをクリック
・Acrobat
・Microsoft Scripting Runtime

Acrobatはこちら

f:id:gene320:20171229230846p:plain

MicroSoft Scripting Runtimeはこちら

f:id:gene320:20171229013436p:plain

なお、VBAでフォルダを操作できるようにするために、Microsoft Scripting Runtimeにチェックを入れます。

Microsoft Scripting Runtimeにチェックを入れる理由は、この記事で紹介するプログラムが、特定フォルダ内のすべてのPDFファイルを読み込む際に、Microsoft Scripting Runtimeを利用するからです。

注意|Acrobat操作には、Acrobat Proを利用する必要がある

あなたが使っているパソコンにAcrobat Readerしか含まれていなかったとしたら、VBAでPDF操作はできない場合があります

私は有料Acrobat PDF Proユーザーのため、検証しておりませんが、acrobat proが必要になる場合がありますので、注意が必要です。

Acrobat PDF Proは、こちらから試すことができます。なお、Acrobat Standardでも可能だと思われますが、検証しておりません。

プログラムはご連絡をいただいた方に有料で提供しております


エクセルマクロVBAで複数PDFファイルに順番に自動でパスワードをかける方法

本プログラムは、有料で提供しております。プログラムの動作や価格などに関する質問については、問い合わせフォームからご連絡ください。

ここで価格を提示しない理由は、メンテナンス付やチューンアップ状況によってご提供する価格が変動するからです。

例えば、相談いただく人によってスキルが異なるので、メンテナンスが10必要な人もいれば、100必要な人もいます。

そのため、こちらに一律でご提示できないのです。必要な方は、こちらからご連絡ください。

PDF操作を習得より、VBA基礎作りが先決

エクセルVBAを使ってPDFに自動でパスワード設定する方法について事例で紹介しました。今回の内容をぜひVBAの勉強に活かしてみてください。

PDF操作のマクロが使えるようになれば、PDFでの単純作業による負担を減らせるようになるでしょう。

ここでは、PDFに自動でパスワード設定する方法を紹介しましたが、マクロVBAを使えば多くの仕事を効率化できます。

詳しくはこちらを記事を読んでみてください。

www.fastclassinfo.com

もし、この記事をみて、エクセルマクロを学んでみたいと感じたなら、VBAの基本から学ぶことをオススメします。

VBAの基本が分かれば、PDFだけでなくアウトルックやIE操作も本当の意味で理解できるようになります。

きちんと学ぶなら、こちらの無料動画がオススメです。マクロの基礎を学べば、仕事を多くを効率化できるようになります。

この記事を読んだ方へのオススメ
エクセルマクロを独学で習得したいなら

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロとは?もっと詳しく知りたいなら

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロの難易度や習得までの期間を知りたいなら

www.fastclassinfo.com