パソコンスキル教科書

パソコンスキルの教科書

東京大学大学院卒。博士課程に進学を志すも、担当教授と折が合わず、無職になる。医者を目指すも結局断念。田舎で派遣社員として働く。「スキルがなければ、仕事ももらえない」と悟り、ビジネススキルを学ぶ。プログラミング、英語を学び、一部上場企業へ転職。年間100時間以上の業務効率化を行い、社内講師に抜擢。海外の案件を担当し、数億円のプロジェクトに携わる。個人の事業でも、月売上100万を達成。現在は、自分の価値を高めるためのスキル向上支援を行う

マクロの自動記録とは?初心者のための使い方を紹介

f:id:gene320:20170514085008p:plain:w150

マクロの自動記録とは、エクセルの機能の一つで、作業者のエクセル操作を記録して、再現してくれる機能です。マクロの自動記録を使って作業を記録してしまえば、繰り返しの作業を自動で行うことができます。

この記事を読まれているあなたは、マクロの自動記録を使ってみたいけれど、
「そもそも使い方が分からない…」
「印刷を自動記録で設定するには、どうやるの?」
「どんなときに使うと効果があるの?」
「エクセルマクロの初心者や入門者でも、できるの?」
そんなギモンをもっているはず。

実を言うと、マクロの自動記録は、やり方さえ分かればカンタンに使いこなせます。

この記事では、エクセルマクロを教えた経験がある私が、マクロの自動記録の使い方を、わかりやすくお伝えします。また、自動記録の実務での「使いどころ」を知りたいあなたのために、自動記録の具体的な事例についても解説します。ぜひ、楽しみにしてくださいね。

エクセルマクロVBAの自動記録とは?入門者にもわかりやすく説明

まずは、「エクセルマクロの自動記録って何?」と感じているあなたへ、マクロの自動記録についてカンタンに紹介します。

マクロ自動記録ってどんなツール?

マクロの自動記録とは、「あなたの操作したエクセルをそっくりそのまま繰り返し行う」ための機能です。この機能を使うと、自分ではとても書けないようなマクロを「エクセル」が代わりに書いてくれます。

もちろん、あなたの思うようにカスタマイズするにはそれなりにスキルが必要ですが、カンタンな操作をくり返すだけなら十分です。

WindowsとMacで、マクロの自動記録に使い方は違う?

エクセルマクロの自動記録の機能は、WindowでもMacでも使用可能です。ただし、マクロの自動記録を使えるように設定するまでが、少し異なります。(ほとんど同じですが。)

Windowsの場合の使い方は、この記事の後半で記載しています。

Macの場合は、こちらで、設定方法をご覧いただけます。

自動記録のやり方

自動記録のやり方は、「事前準備」と「やり方の手順」さえ理解すれば、すぐに使えるようになります。具体的なやり方は、図を使いながら紹介しますので、このまま読みすすめていってくださいね。

「マクロの自動記録」の機能を追加しよう

マクロの自動記録を使うには、エクセルのリボンタブに「開発」を表示させる必要があります。リボンとは、下図のようにエクセルの上側にある部分のことです。

f:id:gene320:20170724225502p:plain

もし、エクセルのリボンに「開発」が表示されていない場合は、エクセルの表示設定を変更しましょう。変更方法は以下のとおりです。

エクセル2007|「開発」タブを追加する方法

「Microsoft Office ボタン」→「Excelのオプション」→「基本設定」→「[開発]タブをリボンに表示する」

エクセル2010,2013以降|「開発」タブを追加する方法

「①ファイル」→「②オプション」→「③リボンのユーザー設定」まで進んで、コマンドの選択©で「メイン タブ」から「④開発」をチェックを入れて、「⑤OK」をクリック。

f:id:gene320:20170807232625p:plain

マクロ自動記録の「使い方」や「実行方法」を手順で紹介

それでは、エクセルマクロの自動記録の使い方を手順でステップバイステップで紹介します。

使い方1|マクロの自動記録を開始する

まずは、自動記録を開始します。以下のように操作します。

①「開発」をクリック
②「マクロの記録」をクリック
③「マクロ名」を変更(必要であれば)
④「OK」をクリック

④「OK」をクリックすると、マクロの自動記録の開始です。

詳しくは下の画像のとおり。

f:id:gene320:20170514085051p:plain

使い方2|自動記録したい「繰り返し」作業を行う

エクセルを操作します。その操作はマクロの自動記録によって、記録されます。操作のたびに、コードが出てきます。

ここでは、シートの「セルA1」~「セルA15」に1~15の値を入れ込み操作を例で紹介します。

f:id:gene320:20170514085414p:plain

使い方3|マクロの自動記録を終了するときは、停止ボタン

エクセルの操作が終了したら、自動記録を終了します。その方法は以下の通りです。

①「記録終了」をクリック

f:id:gene320:20170514085431p:plain

使い方4|作成したマクロの保存場所を確認

作成したマクロの保存先は、標準モジュールに保管されます。登録した名前のものを探します。

①開発タブの「マクロ」をクリック
②「Macro1」をクリック(自動記録を開始したときのマクロの名称を選択)
③「編集(E)」をクリック

f:id:gene320:20170807233728p:plain

すると、先ほど作成したマクロが保管されている場所を確認できます。
この事例では、「①Module1」に保管されていることがわかります。自動記録で作成した「コードは②」に記載されています。

f:id:gene320:20170807233854p:plain

使い方5|マクロを再生実行して動作確認する

マクロの自動記録が、コードが正しいかどうかを確認します。

4-1|マクロのコードを開く
①「マクロ」をクリック
②「設定したマクロ名(M)」をクリック
③「編集(E)」をクリック

f:id:gene320:20170514085459p:plain

4-2|コードを確認する

マクロが想定した通りに動くかどうかを検証します。

①「Module 1」をクリック
②「コード」を編集
③「▶」(実行)をクリックして検証

f:id:gene320:20170514085520p:plain

これで、あなたが作った自動記録のマクロを正しく動くかどうかをチェックできます。

使い方6|作成したマクロを削除したいなら

自動記録でマクロを作成したはいいけれど、「不要になった」とか「自動記録の操作に失敗した」という理由で、削除したい。そんなときは、以下の方法で削除できます。

①「Module1」を右クリック
②「Macro1の解放(R)」をクリック
③エクスポートしますか?には、「いいえ」をクリック

f:id:gene320:20170807232743p:plain

自動記録で作成したマクロの場合、エクスポートする必要はほとんどありませんので、「いいえ」で問題ありません。

ボタンにマクロを設定して表示する方法

ボタンを押すだけで、マクロを作動するようにしたら、仕事がラクになりますよね!ここでは、自動記録などで作成したマクロをボタンに設定して、作動させるように設定する方法を紹介します

ボタン表示1|ボタンを設置する

①「挿入」をクリック
②「フォームコントロール」をクリック

f:id:gene320:20170514085544p:plain

エクセル上で、あなたが設置したい箇所にボタンを配置したら、

ボタン表示2|ボタンにマクロを登録する

①ボタンを右クリックして、「マクロの登録(N)」をクリック

f:id:gene320:20170514085637p:plain

最後に、どのマクロを登録するかを決めます

ボタン表示3|どのマクロを入れ込むか決める

①「Macro1」を選択
②「OK」をクリック

f:id:gene320:20170514085652p:plain

これで設定は終了です。あとは、ボタンを押すだけで、自動記録したマクロが起動します。

作成したマクロをショートカットキーとして使う方法

自動記録などで作成したマクロを、使えるようにする方法は、ボタンだけではありません。ショートカットキーに割り当てることも可能です。

実際、僕は作成したマクロをショートカットで作動させるように設定しています。例えば、キーボードで [Ctrl] + [Shift] + [y] を同時に押すと、「セルを黄色」にします。この設定方法を含め、こちらの記事で詳しく記載しています。ぜひあわせてよんでみてください。

www.fastclassinfo.com

マクロの自動記録を活用事例を紹介

ここまで、マクロの自動記録の使い方を紹介してきました。しかし、いくら使い方を知っても、使いどころが分からないと、宝の持ち腐れになってしまいます。

もし、「実務ではマクロの自動記録をどのように活用しているのか?」を知りたい方には、こちらの記事で「Outlookメールのcsvファイルを加工/印刷」するという実際に現場でやっていたマクロの自動記録の事例を紹介しています。

「使いどころを知りたい!」
「他の人がどのようにマクロの自動記録を活用しているか知りたい!」
そう感じているなら、ぜひあわせて読んでみてください。

マクロの自動記録の限界!コード編集ができると便利

マクロの自動記録には限界があります。それは、主に以下の2つです。

・行ごとに「繰り返し」ができない
・「もし~なら、××する」(条件分岐)ができない

詳しく解説します。

限界1|行ごとの「繰り返し」作業ができない

自動記録では、「1~100行目まで、行ごとに処理する」というコードは作成されません。もし、「行ごとに処理する」マクロを作りたいなら、for next文を使用する必要があります。

他にも、「各シートごとに処理する」コードは自動記録では作成されません。「各シートごと」に処理するには、for each文を使用する必要があります。

限界2|「条件分岐」ができない

自動記録では、「もし80より大きいなら、評価A。もし80未満なら、評価B」というコードは作成されません。「もし~なら、××する」条件分岐行ごとに、処理するマクロを作りたいなら、if then文やselect case文を作成する必要があります。

編集できるようになると「繰り返し」や「条件分岐」も可能

もし、あなたが、「繰り返し」や「条件分岐」を使って、自動記録で作成したマクロを修正したり、コードを自力で編集できるようになるには、マクロを手書きするトレーニングが必要になります。

まずは、自分で試してみたり、ネットで調べることからはじめてみるといいと思います。しかし、練習や実践をはじめたばかりだと、「なかなかうまくいかない」、「時間がかかってしまう」、「結局できなかった」、となってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、エクセルマクロVBAの経験者に質問するのが近道です。もし、周りにエクセルマクロVBAを使える人がいれば、その人に質問しながら練習してみるのが最短です。

しかし、「周囲にエクセルマクロを使える方がいない…」という場合もあると思います。そんな場合は、こちらの無料動画で詳しく説明されています。興味がある方は、ぜひこの無料動画を見て練習してみてください。

自動記録を使いこなして、あなたのルーティン作業の負担を減らしていただければ幸いです。

エクセルマクロの自動記録を使って業務効率化したいなら、とにかく実践が大切

いかがだったでしょうか?マクロの自動記録について、具体的にイメージがつかめたのではないでしょうか?もしかすると、勘のいいあなたなら、「マクロの自動記録って使えるかも!」「もっと上手に使いこなせるかも!」と考えているかもしれません。

もし、そう考えているなら、ぜひマクロの自動記録をどんどん実践してみてください。できるようになるには、実践するのがイチバンの近道です。しかし、「設定方法や使い方にまだ不安がある」、「具体的な勉強方法が分からない…」という場合もあるでしょう。

もし、上手な設定方法や、効率的な勉強方法を知りたいなら、こちらの無料動画がオススメです。もう少しマクロの情報を知りたいなら、こちらの記事もオススメです。

エクセルマクロを使えば、「できること」を知りたいなら

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロの難易度や習得までの期間を知りたいなら

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロを独学で習得したいなら

www.fastclassinfo.com

エクセルマクロとは?もっと詳しく知りたいなら

www.fastclassinfo.com

ぜひエクセルマクロを活用して面倒な仕事を自動化して効率化していただければ、とうれしいです。