パソコンスキル教科書

パソコンスキルの教科書

東京大学大学院卒。博士課程に進学を志すも、担当教授と折が合わず、無職になる。医者を目指すも結局断念。田舎で派遣社員として働く。「スキルがなければ、仕事ももらえない」と悟り、ビジネススキルを学ぶ。プログラミング、英語を学び、一部上場企業へ転職。年間100時間以上の業務効率化を行い、社内講師に抜擢。海外の案件を担当し、数億円のプロジェクトに携わる。個人の事業でも、月売上100万を達成。現在は、自分の価値を高めるためのスキル向上支援を行う

エクセルでデータの順番を入れ替える方法3つ(+コツ3つ)|ラクな並び替え方から自動の方法まで

f:id:gene320:20170318002401p:plain:w250

「エクセルのデータを順番に並べ替えたい!」
「1対1で入れ替えるのではく、並んでる順番を逆にしたい」
「いつもコピペでちまちまやってるけど、なんとかしたい」

ということはありませんか?

この記事では、企業でパソコン講師を務めた私が、エクセルのデータを並び替える3つの方法をお伝えします。

今すぐに並び替える方法から、自動で行う方法並び替えのコツまでお伝えしていきます。ぜひ読んで、実践してみてください。

今すぐ並び替えたい|エクセルの「並び替え」機能

データの「並び替え」の方法が分からないとき、「並び替え」の条件が単純なときは、この方法を利用しましょう!

1.「並び替えたい範囲」を選択する
2.「データ」をクリック
3.「並べ替え」をクリック

f:id:gene320:20170318002955p:plain

3でクリックしたら、並び替えのダイアログが表示されるので、

4.「レベルの追加(A)」を選択

5.並び替え条件を選ぶ
値の場合
・昇順:値の小さい順に並べる
・降順:値の大きい順に並べる

文字列の場合
・五十音順
・アルファベット順

などの条件を選択して、並び替えを行いましょう。

もし、複数の条件を設定したいときは「レベルの追加」をクリックして、複数の条件を利用する場合は、優先順位を指定しましょう。

6.OKをクリック

f:id:gene320:20170318003028p:plain

これで、並び替えが完了します。

ワンポイントアドバイス!

「並び替え」を行ったあと、範囲を間違えたら、元に戻す[Ctrl + Z]のショートカットキーを使用しましょう。すぐに並び替える前に戻れます。

1対1で入れ替えたい|ショートカットキーでサクッと

並べ替える行が少ないとき
並べ替える条件が複雑なとき、

ショートカットキーを使って、サクッと並べ替えましょう。並べ替えはマウスは不要でキーボードだけで出来ます。

やり方はこちら

[1] 入れ替え元の行を選択:Shift + Space
(半角モードにしておくこと、全角だと選択できない)

[2] 入れ替え元の行全体をコピー:Ctrl + C

[3] 矢印で移動して、入れ替え先の行に移動

[4] 入れ替え先の行を選択:Shift + Space

[5] 貼り付け:Ctrl + V

[6] 不要になった行を選択:Shift + Space

[7] 選択した行を削除:Ctrl + -

ショートカットキーは地味に見えますが、あらゆる作業のベースになります。 というのも、マウスを使っていると、あまり実感がないかもしれませんが、ショートカットキーを使うと、作業が一気に早くなるからです。

覚えておくと、かならず重宝します。

何度も並び替えするのはイヤ!|マクロで自動化する

いつもの仕事で「並び替え」をしないといけない場合は、マクロで自動化しましょう!仕事がグッとラクになりますよ。

1.並び替えしたい範囲を選択

f:id:gene320:20170318003558p:plain

2.マクロを実行する

コードはコチラ

Sub narabikae()
    Dim c1, c2 As Long
    Dim rg As String
    c1 = Selection.Row
    c2 = Selection.Column
    
    rg = Selection.Address
    
    ActiveSheet.Sort.SortFields.Clear
    ActiveSheet.Sort.SortFields.Add Key:=Range(Cells(c1, c2).Address), SortOn:=xlSortOnValues, Order:=xlAscending, DataOption:=xlSortNormal
    With ActiveSheet.Sort
        .SetRange Range(rg)
        .Header = xlYes
        .MatchCase = False
        .Orientation = xlTopToBottom
        .SortMethod = xlPinYin
        .Apply
    End With
End Sub

注意点 ・選択している範囲でもっとも左にある列昇順で並び替えるコードです。

ですので、必要に応じて、ご自身で、アレンジして使ってみてください。

もし、マクロの設定方法が分からない…という場合には、

こちらの記事で、「マクロの設定方法」と「マクロをショートカットキーに組み込む」を合わせて紹介しています。マクロをショートカットキーに組み込むことで、一瞬で並び替えを実行できるようになります。

www.fastclassinfo.com

ぜひ試してみてください。

並び替えをするときの3つのコツ

並び替えをするときに、コツを紹介します。これを覚えておくと、並び替えの操作がグンとラクになります。

並び替え前の状態に戻せるようにしておく

いろいろな条件で何度も並び替えを行うと、最初の状態に戻すのが難しくなることがあります。

ですので、並び替え前に、数字の連番をつけておきましょう。

f:id:gene320:20170318004328p:plain

これをしておくと、連番をつけた列で「並び替え」て、すぐにもとの状態に戻れます。

セルの結合はしないこと

並び替えの対象となる範囲に、結合したセルが含まれていると この操作を行うには、すべての結合セルを同じサイズにする必要があります。 とエラーが出る場合があります。

f:id:gene320:20170318003633p:plain

この場合、結合したセルを解除すれば、エラーなしで、並び替えができるようになります。

「並び替え」の範囲に空白セルをいれない

並び替えの範囲に空白セルがあると、正常に並び替えが実行されない場合はあるので、注意しましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか?

データの並び替えをスムーズにやることができれば、仕事が一気にラクになります。「並び替え」作業が多い場合は、エクセルマクロでの自動化をオススメします。ぜひ調べて試してくださいね。

あなたがエクセルマクロについて、もっと知りたいのであれば、コチラの記事がオススメです。ぜひあわせて読んでみてください。

www.fastclassinfo.com

パソコン仕事を今より早くしたいのであれば、コチラの記事がオススメです。

www.fastclassinfo.com